牡蠣生牡蠣販売贈答品カキ通販を。兵庫県の【竹内水産

竹内水産
HOME 特定商取引法 仕事風景 相生牡蠣について 安全面について お問い合わせ
    仕事風景
     
    水揚げ 1. 
    その日の出荷分を水揚げします。
     
    牡蠣を一次洗浄 2. 
    水揚げした牡蠣を一次洗浄し、泥など汚れを落とします。
     
    殻剥き作業 3. 
    これから殻剥き作業に入ります。
     
    剥き身作業 4. 
    剥き身作業中です。
     
    まず、牡蠣を剥きます。 5. 
    まず、牡蠣を剥きます。
     
    剥き身を洗浄機に移します。 6. 
    集まった剥き身を洗浄機に移します。
     
    洗浄機で洗い綺麗になった牡蠣です。 7. 
    洗浄機で洗い綺麗になった牡蠣です。
     

    牡蠣の剥き方について
     
    牡蠣殻 1. 
    牡蠣殻は、図1のような2枚貝です。
     
    貝柱 2. 
    貝柱の位置は平らな方を上にしておいたとき、図2の様な位置にあります。この貝柱が上下の牡蠣殻をとめているので、この貝柱の上下部分を切り離すことが必要です。
     
    牡蠣の殻をはずします。 3. 
    2図にある貝柱を切り離す為には、牡蠣殻の平らな方を上にして、左図に印した場所をたたき壊してから上になっている牡蠣の内側にナイフ(牡蠣殻用ナイフ又は洋食ナイフ)の刃を使ってきり落とすと上になっている牡蠣殻は簡単にはずれます。
     
    牡蠣身を取り出します。 4. 
    上殻を開きますと身が下殻についているので下殻の貝柱の部分を殻にそわせてナイフを入れ、切り離してやると簡単に身を取り出すことができます。